あなたは寝たきりに、なる?

メルシー整骨院院長の高山です

朝晩が冷えてきましたね~

風邪には十分気をつけましょう

 

 

そう、予防が大事です

 

 

予防の話をします

予防は大事なのは分かるけどねぇ~

という気持ち

もの凄く分かります(笑)

 

でも、ちょっとだけ読んでみてください

 

 

 

 

 

あなたに質問です

「自分は将来、寝たきりになる」と思いますか?

 

 

 

 

 

大体の人が、「ならない」

と思いましたよね?

 

 

 

でもね

 

 

 

 

なるんですよ。。。

 

 

 

世の中には今現在、寝たきりの方がたくさんいます

私の祖母も寝たきりになって1年後に亡くなりました

 

 

 

そんな私も20歳の頃に腰のヘルニアで腰痛が酷かった頃は

朝、目が覚めて腰が激痛で起き上がるまでに20分かかったり

5分間イスに座っているのも辛かったりしたので当時は

 

 

 

仕事もできないな

将来は車イスかな

いや、座ってるの辛いから車イスも無理か?

え、寝たきりか?

いやもう人生辛い。。。

 

 

 

という具合で、完全に病んでいました(笑)

 

 

 

 

これ、他人事じゃないんです

 

 

 

 

実際に寝たきりになった人はほぼ全員がこう言います

「こんなはずじゃなかった」

 

 

 

 

だから、これを他人事と思わず

少しだけでいいので考えてみてください

 

 

 

 

もし、自分が寝たきりになった場合

だれが大変になりますか??

 

 

 

 

もちろんあなた自身は辛いでしょう

 

そして、おそらくあなたの家族の誰かが

食事介助、トイレ、寝返り介助(褥瘡予防)、お風呂、etc、、、

その後の人生が変わってしまうほど大変になると思います

 

 

 

だから今、身体が動くうちに行動を起こすことが

自分の大切な人を守ることにもなるんです

 

 

 

 

日々のストレッチ習慣

ウォーキング、ジョギング

ヨガ、ピラティス、太極拳

栄養バランスの取れた食事

 

 

 

 

なんでも良いですが続けることが一番大事です

気楽にいきましょう(^^)

 

 

 

 

車のメンテナンス(車検とかオイル交換とか)するのに

身体のメンテナンスしないのは、どうですか?

車なら10年ちょっとで廃車ですが

身体は一生乗り続けるものです

突然止まったら大変

 

 

 

 

 

自分の重度の腰痛の苦しみ、それが完治した経験

この仕事をしていて沢山の方々の健康に関わらさせて頂いて

日々思っていたことを地域の方々に伝えるべきなんじゃないか

 

 

 

 

これが私が勉強会や講座を開く理由です

 

 

 

 

 

 

あなたは誰のために元気でいたいですか?

 

 

 

 

 

 

御精読ありがとうございます

感謝いたします

 

メルシー整骨院のHPはこちら

https://merci-seikotsuin.com/